優秀な人ほど転職する3つの理由

転職者には様々な理由がありますが、優秀が故に転職していく人がいます。

会社によっては優秀な社員ばかり辞めていってしまう会社もあり、そういった人材の流出は会社にとって悩みの種にもなっています。

言葉にすると良くないのですが、優秀な人材がたくさん辞めていくという事は会社の事業や品質の低下を招く事もあります。

ではなぜ優秀な人は転職してしまうのでしょうか。

そのまま、一つの会社で長く勤めれば安定したポジションや立場も確立出来る人も多いはずです。

しかし、IT業界ではよくある事でもあります。

私自信が転職した経験もあり、また転職回数の多い優秀な人もたくさん見てきました。

そこで技術者であったり、仕事に関して優秀な人が転職する理由について、個人的な価値観から書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

優秀な人が転職する理由

優秀であるがゆえに外部からの評価も高い

本当に優秀な人材は外から見ても優秀です。

そうすると外部から一定の評価が得られている自信があれば、今の会社に所属するメリットを失えば迷わず転職という選択をします。

外資系が顕著ですが、より高い報酬が得られる環境へ簡単に行けるのです。

逆に言えば、転職前の会社に対してデメリットがあるという事でもあります。

会社を辞めたくないけど、辞めなければいけなくなった、という転職者もいますが、基本的にはその会社にいるメリットが無くなったから転職します。

優秀な人材を多く獲得したいのはどこの企業も一緒です。

技術職であればヘッドハンティングも普通に行われています。

優秀であるがゆえに、引く手があるため、たとえ転職前の会社で役職があったとしても、転職先が年収1000万以上などであれば、役職に重みを置いていない人は転職しますよね。

また、優秀な人は自分に見合った会社を選ぼうとする傾向があります。

自己評価が高い事で、有名大手やレベルの高い会社への入社を目指している場合が非常に多いので、満足感が得られる環境が見つかれば迷わずにそちらを選択していくでしょう。

どこでもやっていける自信がある

優秀な人は、基本的に自信家です。

自信があれば優秀なのか問われると、それは違うのですが、優秀な人ほどキャリアチェンジに興味を示す傾向にあると思います。

それは自分の知識が他の会社などで通用するか試したい気持ちと、通用するという自信があるからです。

一つの会社で長く勤めている人が優秀ではない、とは言いませんが転職した方が経験面も含めてキャリア形成においてはポジティブな世の中になっています。

つぶしが利かなくなる仕事をずっとしている人より、キャリアにおいてリスクヘッジを優先し新しい仕事に挑戦する方が将来の事を考えている証です。

簡単に言うと、一つの会社にずっと勤めている人は真面目で偉い人、転職する人は他の会社の経験値を有する貴重な人材という事です。

この経験値ですが、他の企業ではかなり重要な知識なんですよね。

特に、競合他社に転職する場合は、転職先の企業は是が非でも得たいノウハウになります。

自信があるからこそ、その経験値を欲する企業は多いのです。

常にキャリアアップ

優秀な人も元から優秀だった人と、努力の結果、優秀な人材に成長した人の2パターンがあると思います。

その共通点は、常にキャリアアップを考えているという事です。

転職回数の多い人は特にその傾向があります。

自分にとって良い経験になると考えたら迷わず転職したりチャレンジします。

優秀な人ほど、これを繰り返してきちんと成果を上げるのが普通の人との違いです。

転職後にキャリアアップにならないと思ったらすぐ退職する人もいます。

社内でのキャリアアップと転職によるキャリアアップを比較して、どちらを取るかだけの違いです。

社内に残る理由と、転職する理由のうち、どちらがより自分のキャリアにとって有益か比較が出来ているのです。

有名大手を退職してスタートアップベンチャー企業へ行く人も基本的にこういう人です。

無名企業へ転職はキャリアダウンと思われますが、ビジネスを構築し成長させて行けるベンチャーに対して面白味であったり、経営面での仕事にも携わりたい場合はこういった転職をする人もいます。

結果、優秀な人が集まったベンチャー企業が5年後には業界大手になっているという事もあります。

そうなれば、最終的にはキャリアアップになっているわけです。

転職を決めた時点では、間違っているのではないかと周囲に思われていても優秀な人が行きつく先はこういった企業であったりする事もあります。

スポンサーリンク

サービスの充実で転職を加速させている

ヘッドハンティングについて少し書きましたが、これは今までではよほど優秀でないと中々受けられない恩恵でした。

業界内でのインフルエンサーなどはどこの大手も手招きしますが、単純にスキルが高いだけの人は注目を浴びるまでは日の目を見ませんでした。

しかし、今では企業からの逆オファー専用サービスなど転職者が有利な転職活動も可能になりました。

企業からのオファーなので、ほぼヘッドハンティングと同様です。

しかも有名大手以外もサービスを利用しているので非常に幅が出てきました。

これらのサービスの充実で転職がしやすい世の中だからこそ優秀な人は転職していくようになっています。

優秀な人であっても優秀でなくても、また自分の価値を知りたい人にはMIIDAS(ミーダス)がお勧めです。

このサービスがこそが先ほど書いた企業からのオファー専用で、かつ面接確約です。

また、無料で年収診断が出来るので非常に面白いです。

私は衝撃の年収799万円でした(笑)

これも全て無料で利用出来て、かつ転職を本気で考えていれば面接は確約のオファーしか来ないので、短期で決めたい人にはお勧めです。

このように転職しやすい世の中になったのは非常に良い事だと思います。

最後に

優秀な人が転職する理由について書いてみました。

少々ネタ不足になってしまい、面白い記事内容でなかったかもしれないので、随時加筆・修正していきたいと思います。

私も「あの人は優秀だな」と思っていても辞めてしまう人をたくさん見てきました。

私も転職をしていますが、自分が優秀だとは思っていませんが、一定の自信だけは失わないようにしています。

優秀な人の共通点は、やはり結果を残してキャリアアップしている、本当に定量的に実力が分かる人だと思います。

私もそんな人になれるように日々頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。