会社を辞めたいけれど引け目がある人こそ転職するべきです

仕事が辛いと感じたり、人間関係に嫌気がさすことで転職や退職を考えている人も多いと思います。

現代社会では精神面でのストレスによって、病気になってしまったりトラブルの原因になってしまう事もあります。

また、些細な事であっても人によって受け取り方は違うので、転職や退職を考えるきっかけの理由には大小などは関係ありません。

また、思っていても実際には行動に移せない人も多いと思います。

転職や退職を望んでいても、最初の転職であれば尚更足が重くなると思います。

それは、転職という経験が未知数であるので、他人から転職の話を聞いても経験値がないためどうしても積極的になれません。

また、人間は未知のもの対しては本能的に警戒心を抱きます。

「知らない」というのが「恐怖」に繋がるからです。

もし転職や退職を望んでいても引け目を感じている人は、引け目を感じるからこそ転職する事をお勧めしたいと思います。

辞めたくないのであれば、辞めなくても良いです。

しかし、引け目があって辞めたいのはもったいないと感じます。

今回はその理由について、個人的な見解ですがご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

引け目を感じる理由

真面目だから

引け目を感じる理由から入ると、まず引け目を感じるのは真面目だからこそだと言えます。

私も退職の経験から以下のような事を思う事がありました。

  • 自分がいなくなることで残った人へ迷惑をかけてしまう
  • まだ自分は会社に貢献できていない
  • 自分が耐えれば済む話だ
  • 期待して採用してくれた会社に申し訳が無い

真面目だからこそ、会社や他人の事を考えて退職に踏み切れない人もたくさんいると思います。

社員が自分自身の「価値」を考えているからこそ、何も残せずにいなくなる事を許せない自分がいたりする事もあります。

また、真面目だからこそ転職や退職を検討しているのもあります。

どんな会社でどんな給料でどんな仕事でも、「仕事だから」という意識で仕事をしていれば不満は不満にならないと思います。

しかし、自分の「価値」や仕事の「あり方」を考えているからこその悩みであり、真面目である証拠です。

辞める許可が欲しい

会社を「辞める」という事に対して、無意識下で「許されたい」という思いがある事があります。

退職という行為が、一種の「裏切り」のように感じてしまう事で、このように辞めることを「許してほしい」と思う事です。

実際、辞めた人や辞める人に冷たい人や会社は「許さない」会社だと言えます。

退職という行為で迷惑がかかるのが理解できているからこそ「許される」まで退職できない人もいます。

退職の相談をしたときに、「せめて○○まではいて欲しい」などと約束をする事があります。

しかし、本人がすぐにでも辞めたいくらい追い込まれていても提示された条件をクリアすることで「許される」と感じるため、そのままずるずる行ってしまう事もあります。

退職するのは誰かの承認が必要ではありますが、それは悪い行為ではなくただの1つの選択肢です。

悪い行為と最初から感じない人は、何ら引け目を感じていないでしょう。

しかし、そのように傍若無人ではなく感情が伴っているからこそ、尚まともな人と言えます。

スポンサーリンク

引け目を感じる人こそ転職すべき

自分自身を犠牲にしなくてよい

もし、会社での実績もないまま辞められないと感じていても、それは本来実績を出していけるように社員の能力を活かす環境が無かった事が問題です。

もちろん、性格や経験、価値観などで同じ環境でも生き生きと仕事が出来る人もいれば出来ない人もいます。

その「成果」を残したい気持ちや「期待」に対して答えられないと感じている原因は何も全て自分のせいではありません

個人的には全て自己責任だと思いますが、それはあなたが「自分に合わない会社に入ってしまった」という事であって、その会社自体を否定するつもりはありません。

そのように、引け目を感じるほど真面目に取り組んでいけるのだから、最大限の能力を発揮できる会社に早く行った方が、その会社の為でもあり自分のためにもなります。

今の会社で満足のいく仕事が出来ていないのであれば満足できる環境で仕事をするべきです。

真面目な人が自分を追い込んでしまうのは、周囲がその人の心や精神を圧迫しているからです。

真面目な部分を利用したり、価値観を押し付けていたり、理由は様々あると思いますが、自分自身を会社や他人のために犠牲にする必要はありません。

社員は家族ではない

辞めた後の事が心配で、中々退職に踏み切れない人は感情が豊かで他人の気持ちをきちんと考えている証拠です。

その気持ちや経験はその後の人生でも大切な経験であり、忘れてはならない感情です。

しかし、社員は家族でも無ければ赤の他人です。

非常に淡泊で、冷徹な言葉ですがこのように割り切る事をお勧めします。

なぜなら、もしあなたに家庭があって、あなたが死んでしまった時に働いている会社はあなたの子供を育ててくれるのでしょうか。

他の人がそれまで経験してきた事が、そのままあなたの経験になるでしょうか。

綺麗ごとや理想論も大切ですがシビアに現実主義になった方が良い事もあります。

今、自分がどう思うかを優先してしまっても良いのです。

他人にどう思われるのかが気になるのも仕方ありません。

しかしながら、1人の社員の退職で仕事が大変になってしまうような体制で仕事をしている会社の方がよっぽどしっかりしていないと思いますよ。

他人を思いやる気持ちが活きる世界を求める事で、もっと心が豊かになる事もあります。

誰のために働くのか

引け目を感じるのは真面目であり、辞めることを許されたいという理由がある事を書きました。

そして、真面目であるが故に義理や人情や利益などを考えます。

それは全て会社の事を思っての事です。

しかし、あなたは一生会社のために働いてくのですか?

会社あっての人生ではなくて、人生があっての会社員生活だと思います。

無理やり「仕事だから」と割り切って、嫌なものに蓋をしてストレスを抱え続ける事は「幸せ」と呼べるのでしょうか。

個人的にはそうは思いません。

仕事であっても楽しく働ける会社や現場や職種もあります。

むしろ、新しいやりがいを求めてポジティブな転職をする人も多い時代です。

「辛い」や「苦しい」といったネガティブな理由ではなく「あれがやりたい!」と不満ではなく新天地を求めて転職する人もいます。

真面目で優しい人であればあるほど、自分自身を犠牲にしないで自分のために働いてほしいと思います。

自分が楽しく稼げればそれで良い!と仕事をする方が生産性が高くなったりします。

モチベーションこそが仕事の全てです。

自分のために仕事をしていく事をお勧めしたいです。

転職するには

初めて転職を検討する人は、まずは転職エージェントに登録する事をお勧めします。

全て無償でサービスの利用が可能です。

私は1回目の転職も2回目の転職もエージェントを使い内定を貰いました。

パソコンがあると尚転職活動がスムーズなので、最初は登録してみて、とりあえず相談してみることをお勧めします。

私が転職活動の動きを紹介するよりも、こういったサービスを利用した方が丁寧に転職活動について教えてくれます。

登録無料の転職支援サービスはこちら


リクルートキャリアは転職支援サービスとして有名であり実績も豊富です。
私も2回目の転職はこちらで決めました。
担当エージェントに美人が多いのもさすが!!


フリーランスの支援でも有名なレバテックですが、転職サポートサービスも実施しています。
私はフリーランスの方でお世話になっております。
フリーランスか転職かで悩んでいる人はぜひ相談してみる事をお勧めします。


IT業界の転職に強いマイナビエージェント!!
最初の転職活動でも利用しましたが、転職者に対する精神的なフォローが魅力的でした。
特に第二新卒の方にお勧めです。
スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク