仕事は出来る人の真似をするべき!プライベートは真似をしない

IT業界の技術的な仕事は出来る人の真似をした方が良いでしょう。

仕事で見本になる人がいるというのはとても良い事です。

仕事が出来る人は効率的な人が多くまたスキルも高いです。

目指すべき目標があるのは仕事をする上でモチベーションにもなるでしょう。

仕事で真似をするのは決して悪いことではありません。

自己流に拘って効率や生産性を低下させてしまうのはデメリットです。

自分のやり方だけではなく他人の考え方や仕事の仕方を学んだ方が汎用的な知識が身につくでしょう。

年下であっても優秀な人は見習うべき人です。

逆にプライベートを真似することはやめましょう。

仕事とプライベートは別物です。

趣味や恋愛など、仕事以外にも魅力的な人であっても真似してはいけません。

「羨ましい」と感じて同じことをしたくなったとしても行き過ぎた真似は止めた方が良いです。

そこで今回は仕事は真似するべき理由とプライベートは真似するべきではない理由を紹介したいと思います。

真似するということは時と場合によって良し悪しが変わります。

個人的な見解ですがご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

仕事は出来る人の真似をするべき理由

仕事が出来る人は効率が良い

仕事において効率とは非常に重要です。

仕事の仕方から働き方まで、参考にするべき行動はたくさんあります。

真似することで自分の仕事の効率が上がったり生産性が向上するのはメリットです。

個人の生産性の向上は組織や成果主義にとっても良い事です。

自分だけではなく他人にとっても効率的で生産性が高いのは良い事でしかありません。

顧客にとっても品質や納期がきちんと守られるのは当然ながら信頼に繋がります。

自己流に拘って顧客や他人に迷惑をかけてしまっては本末転倒です。

仕事が出来る人のやり方や考え方は積極的に取り込むべきでしょう。

効率的な仕事の仕方を学び、そこから自分に合ったやり方に変えていくことで望ましいでしょう。

仕事において他人を真似るのは自分の考え方や仕事を変えていける良いきっかけです。

同じやり方でも誰も困らない

仕事の仕方が他人と一緒でも誰も困りません。

むしろ、同じやり方をしている相手を見ると「自分の仕事が見本になった」と真似される人も悪い気はしないでしょう。

そして仕事の仕方がバラバラであるより統一されている方が標準化出来ています。

一つの仕事で複数のやり方をしていると非効率になります。

他の人が作業をしようとした時に、人によってやり方が違うと迷ってしまいます。

この「迷っている」時間がもはやもったいないと言えるでしょう。

簡単な仕事ほど「迷う」時間は無駄になってしまいます。

仕事の真似をすることで迷うことが無くなります

仕事を真似ても誰も迷惑もしなければ生産性も向上します。

仕事の仕方で迷うなら出来る人を真似するのが最も良い解決策と言えます。

スキルも向上

出来る人の真似をするにも、スキルレベルに差があると中々難しいこともあります。

プログラムを書いて仕事を自動化している人の真似をするには、自分もプログラムの知識が必要になります。

つまり能力の高い人の真似をするために時には努力が必要になります。

スキルの高い人の真似をすることで自分のスキルも高くなっていきます。

同じ水準で仕事が出来るようになることで、効率化や生産性の向上だけではなく個人のスキルも上昇します。

仕事できることが増えるようになると自分で「こうした方が効率的かな」と考える力も身に付きます。

仕事が出来る人と同じ水準のスキルが身につくと考え方も汎用的になります。

そして同じレベルのスキルを持った人が増えると参考にしている人も仕事が楽になります。

同じレベルの人がいれば信頼して仕事も任せられます。

スキルレベルは高くて悪いことはありません。

スポンサーリンク

プライベート部分は真似してはいけない

何でも真似するのは不愉快になる

プライベートな部分を真似しすぎると相手は不愉快になります。

同じ髪型や同じ服装の相手が身近にいるとどうしようもなく気持ち悪さを感じる人が多いです。

個性を出すために自分をコーディネートしている人もたくさんいます。

見本にするのは良いですが同じことをすると相手が不愉快に感じることもあります。

尊敬している人にあこがれる気持ちも分かります。

また他人を見て「羨ましい」と感じることがあるのも普通です。

しかし何から何まで真似するのは相手にストレスを与える可能性があります。

真似をするのはあくまで仕事だけにしておきましょう。

個性などは真似をされるのを嫌う人が多いです。

「他人に迷惑かけていないから」何でも真似しても良いわけではありません。

真似されることで迷惑を被ることもある

真似されることで迷惑を被ることもあります。

例えば、ブログのようにサイトを運営していてデザインが全く同じサイトを作られてしまったらどうでしょう。

差別化してユーザを獲得したい人にとっては迷惑以外の何物でもありません。

真似されることで何かを変えたりしなければいけなくなります。

真似されることが不愉快な人も、真似をされたら都度都度、また何かを変えているでしょう。

それでいて、変えても変えても真似してくるのは不愉快になります。

執拗に他人を真似てコピーするのは「ストーカー」に近しいです。

いくら憧れや好意で真似をしていてもやり過ぎには注意です。

「真似するのは尊敬や好意」だから気にしなくても良いという人もいます。

しかし、変えても変えても執拗に真似をするのはストーカー行為です。

「良いことを真似する」のは良い事ですが度が過ぎた真似は人間関係を悪くしてしまいます。

スポンサーリンク

最後に

仕事は真似するべき理由とプライベートな部分は真似するべきではない理由を紹介してきました。

私自身、メールの書き方や物事の伝え方は仕事が出来る人を参考にしています。

相手に伝わりやすい書き方や表現というのは大切です。

技術的な作業も効率的にこなしている人のやり方は非常に参考になっています。

しかし、プライベートな部分は真似しない方が良いです。

全く同じ服装や髪型は気持ち悪いと感じる人が多いです。

他人を不愉快にしてしまうと人間関係が悪化する可能性もあります。

少しの真似も許せないわけではありませんが、行き過ぎた真似は相手にストレスを与えるのでやめましょう。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。