新卒でIT業界に入りたい人はLinuxを学ぶと有利な理由

新卒の就職活動でIT業界を希望している就活生も多いと思います。

昨今はAIやRPAなどIT業界では技術の進化と魅力的なトレンドがたくさんあります。

またクラウドサービスが普及するにつれてIT技術が非常に身近になってきていることもあります。

IT業界を志望する就活生にはぜひLinuxの学習についてお勧めしたいと思います。

前書きとして、まずLinuxとは何かと簡単に説明すると、LinuxはOS(オペレーションシステム)の一つです。

PCではWindowsやMac OSが主流で、スマホではAndroid、iOSが主流です。

日常生活ではあまりLinuxという言葉を聞くことはないと思いますがIT業界に入ると必ず耳にすると思います。

LinuxはサーバOSとしては需要が高いです。

サーバなので、実際に業務に携わることになってから覚えることの方が多いです。
ですが、このLinuxは少し難易度があります。

そこで今回はIT業界を目指す就活生がLinuxを学ぶと有利な理由についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

IT業界を目指す就活生にLinuxを勧める理由

難易度があるからこそ評価される

先ほどLinuxには難易度があると記載しました。

実際にIT業界内の技術者でも、分野によっては扱えない人もいます。

自由自在に扱えるようになるには難易度がやはりありますが、使いこなせるようになると非常に便利です。

こちらではLinuxで使える「シェルスクリプト」についての基礎知識を紹介しています。

おそらく知識がない人が見てもさっぱりわからない部分もあると思います。

しかし、これが読み解けるようになれば確かな「技術知識」ですし応用できればなお素晴らしいです。

所見ではかなり難しい知識が多いLinuxだからこそ扱える人材は中途でも歓迎される知識です。

中途でもLinuxの知識を要求される現場も多いので、新卒で知識があればかなり魅力的でしょう。

Linuxを用いた業務をするかは分かりませんが、学生のうちに身に着けておくと差別化をしていけるでしょう。

インフラと開発両方に活きる

LinuxはサーバOSなので、インフラエンジニアとプログラマのどちらにも活かすことができます。

Windows環境で作業することも多いですが、ミッションクリティカルなシステムはLinuxで構築されることが多いです。

そして、インフラエンジニアとしてサーバ作業をする際にはもちろんLinuxの知識は必要ですし、Linux環境のアプリケーションを開発するにはLinuxの知識は最低限必要です。

クラウドベースの開発ではあまり活きませんがクラウド以外では活きる知識です。

会社によって、Linux環境が一つもない会社もありますがその理由の中に「Linuxを扱えないから」という会社もあります。

それほど難易度や難しさを感じるためです。

逆に言えば、Linuxを扱えれる人が貴重である証拠でもあります。

Linuxが扱えない会社は外部の会社に頼る必要があります。

その時、Linuxを扱える技術者が一人でも多いほうがIT業界の企業では当然ながら強みになります。
Linuxは使えなくて困る事はあっても、扱えて困る事はありません。

Linuxを扱う案件の方が単価が高い

これは正社員で考えてしまうと少し違う話になってしまいますが、Windows系の仕事とLinux系の仕事ではやはり収入にも差があります。

基本的にWindows専門の案件は、Windowsの知識しか求められません。

ここでは割愛しますがMicrosoft社が扱う製品に特化した仕事の場合はそれなりの単価が出ることもあります。

しかし環境はUnix系やLinux系の方が案件が多く単価も出やすいです。

先ほどから書いているようにLinuxの技術者は何人いても困らないためです。

また、インフラエンジニアではなくプログラマとしても開発環境はLinuxの方が案件もとりやすいでしょう。

つまり、将来フラーランスエンジニアや独立したと思う人はLinuxの知識は絶対あった方が良いです。

そのような願望が無くても持っていて悪い知識ではありません。

また、このように独立するときに高い報酬を得るための技術知識にもなります。

実際にサーバ系の案件もフリーランス向けのサイトには出てきますし、開発だけではなく幅広く対応出来るようにもなります。

今は独立したいと思っていなくても、将来もしそう思った時には役に立つでしょう。

スポンサーリンク

最後に

新卒の就活生に向けて、IT業界を目指すならLinuxを学んでおくと非常に有利だという事をご紹介してきました。

Linuxを扱えるかは本当に中途採用でも採用のポイントになるほど貴重な知識です。

コマンドベースのOSなので、最初はかなり苦戦すると思います。

しかし、覚えたらそれだけのメリットがある知識で、IT業界では主要な製品です。

もし本気でIT業界への就職を考えている人で、何を勉強したらよいか迷っている人はLinuxを候補の一つに入れてもらえればと思います。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。