転職の悩みと不安について具体的な代表例5つとアドバイス3つ

転職する事に対して、悩みを抱えている人や不安がある人は多いと思います。

悩みがあると中々踏み切る事が出来ず、不安があると色々な心配事を増えていくと思います。

特に、最初の転職と言うのは心理的なハードルが高いです。

では具体的にどのような悩みがあり、不安になってしまうのでしょうか。

私自身の転職経験や転職している人から聞いた事などから書いていきたいと思います。

悩みや不安は解消できた方が、転職するしないにかかわらず良いと思います。

スポンサーリンク

転職する事に対する悩みと不安

転職先が見つかるか

当然、転職先が見つかるか不安になっているため、転職するかどうか悩んでいる人が一番お好いのではないかと思います。

基本的には、健全な転職活動は会社を辞めずに行うものです。

なので、転職先が見つかるかどうかは、会社を辞めずに探すのが一番良いです。

実際に、転職先が見つかるかどうかは、その人のスキルや性格にもよるので一概に転職先が必ず見つかるとは言い切れません。

また、経済の状況や市場の状況によっても求人数が変わりますので、多少の運も必要です。

ただし、個人的な価値観ですが、世の中自分が思っているより多くの会社と仕事があります。

全くもって仕事がないという状況になるのは、何かしらのネガティブな要因がある場合です。

普通に社会人として、当たり前のことが出来ていれば問題ありません。

転職自体がすごく難しいシステムで動いているわけでもありません。

貴方がアピールできる事をアピールして、相手が採用するにふさわしいか判断するだけです。

思ったより簡単に内定が貰えたりする事もあるので、転職先があるかどうかで先に悩む必要はありませんよ。

スキルに自信がない

自信が無い事を悩みにする人も多いです。

今の会社で長く働くつもりはないし、転職したいけれどスキルに自信がないという人です。

でも、個人的にですがスキル不足を自覚しているという事は、目標を持つ良い機会だと思います。

スキルを高めたい人は、自発的に行動します。

求められるレベルの高い仕事を引き受けたり、自己研鑽をしたりします。

自信がないからこそ、一つ上のレベルの仕事を求めても良いのではないかなと思います。

その仕事がこなせるような自分になりたい!こんな風に考え直せばすごくポジティブに聞こえますよね。

転職の動機としてもすごく良い理由にもなります。

スキルに自信が無く、自分のスキルに見合った職場を探しているのであれば、そっくりそのままそれまでやってきたことを話せば良いだけです。

スキルに関して、自信のありなしは内定が貰える会社に違いが出てきますが、転職先があるなしには直接関係ない事もあります。

実際に、人物重視でスキルより人間性を評価して採用する会社も多いですよ。

スキルこそがすべての会社もありますが、すべての会社が同じではありません。

今の会社での実績が惜しい

実績に限らず、今の会社で築いたものを手放すことに抵抗感がある人もいますね。

今までこれだけ頑張ってきたけど、転職してからはゼロからスタートしないといけないと思うと…

と感じる事もあるかもしれません。

しかし、転職したいと思っているのは今の会社にデメリットを感じているからですよね。

断捨離ではないですが、過去は過去でしかありません。

会社内での実績がすべてであれば、辞めるという選択肢はそもそもないと思います。

辞めるという選択肢が出現している段階で、捨てる覚悟は必要なんです。

むしろ、自分がその会社にいた証と思えば良いですよ。

社内にいれば、実績を讃えてくれる同僚がいるかもしれませんが、あなたが去った後はあなたと言う人がいた証です。

決して消えてなくなるわけではありませんよ。

やりたい事が分からない・見つからない

今の仕事は嫌いで続けたくないが、やりたいことが無いという悩みもあると思います。

多分、一番やっかいな悩みです。

モチベーションが無い状態と言うのは、積極的な行動がしにくい状態です。

しかし、やりたい事というのは、何をやりたいか知る事がスタートだと思います。

世の中にどんな会社があってどんな仕事がある事を知り、やってみて何が一番やりがいがあるか、楽しいかを見つける必要があります。

知らない状態で悩んでいても何も変わりません。

趣味があれば、趣味に関わる仕事を探してみたりするもの良いです。

そして、趣味と関係のある仕事をしてみたら、思っている以上に楽しくなかったという事もあります。

やりたい仕事を見つける前に、どんな仕事があるかを探してみると良いと思います。

退職するのに気が引ける

退職というのは非常に勇気がいりますよね。

特に新卒などで最初に入社した会社であれば、尚更言いにくいです。

他の人がどう思うかを考えてしまうと、途端に悪い方向ばかりに思考が働いてしまいます。

多分、退職に踏み切る事が出来なくて転職しない人が多いと思います。

でも、会社を辞める人はたくさんいます。

別に退職という行為自体は珍しいものでも何でもありません。

手続きも事務的ですよ。

最低限、退社前に挨拶回りなどすれば大丈夫です。

挨拶するのも億劫であれば無理にしなくても良いです。

退職する事に対して引け目や、色々な感情が伴ってくると思いますが、自分の人生なので自分の望む選択をしましょう。

退職する人はどこの会社にもいますし、そんなに気負いすぎる必要はありません。

退職日が決まった後も、働きにくくなるのは最低な会社だけなので、辞めて後悔する事もないと思いますよ。

スポンサーリンク

悩みと不安は実際に転職活動して解消する

面接まで行けるか試してみる

やはり行動してみて確認する事が一番大事です。

悩んでいる時間よりは、実際に活動する時間を増やした方が良い経験になります。

転職先が決まるかどうかも行動する事で解決出来ますよね。

実際に、面接などを繰り返していけば転職活動にも慣れてきますし、どのような対策をすれば内定が貰えるかなど経験値が上がっていきます。

書類選考の通過率が良くないと中々面接まで行けませんが、ある程度面接出来る会社があるのであれば、転職先が決まる可能性が高いです。

逆に、100社も書類選考で落ちるような人は転職出来ないと考えましょう。

面接に行けるという事は、採用の判断を直接したいという事ですので、チャンスを与えられている状態ですよ。

話を聞いてみて興味を持つこともある

何となくや勧められて応募した企業であっても、実際に面接などで話を聞いてみると興味がわいてくることがあります。

実際、私もベンチャー系の会社で面白そうな仕事だな、と思った仕事もありました。

やりたい事が見つからない人にとっては、こういった情報が得られることによって気持ちが変わる事もあると思います。

活字や文面だけで仕事の全てが理解できるわけではないので、実際に担当者と会話するという事で転職に対してポジティブになれるかもしれませんよ。

内定が出れば退職理由に困らない

退職する際の理由ですが、後を濁さない理由としてやりたい仕事が見つかったという理由があります。

実際に内定が出れば、その通りなわけです。

退職日に関しても、次の会社の入社日と調整する必要があるので退職を会社に伝えなければいけません。

辞める勇気が無かった人でも、辞めると言わなければいけない状況になります。

これで腹をくくれるわけです。

そして何より、内定がある安心感から、退職に対して億劫だった人も心理的には言いやすくなります。

先に考えるだけでは悩みや不安ばかりですが、実際に行動する事で自然に悩みが解消される事が多いかなと思います。

最後に

転職に対する悩みと不安について書いてみました。

私も最初に転職して5年近くたちますが、最初の転職は本当に苦痛でした。

悩みに関しては人それぞれではありますが、頭の中で完結させようとせず行動して確認してみる事が一番大事だと思います。

転職サイトに関しても、登録したからといって絶対転職をしなければいけないわけではありません。

求人を見たり応募したり、キャリアカウンセラーに相談したりするだけで気持ちは楽になっていきますよ。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。