転職エージェントが信用できないなら取るべき行動

転職活動をする上で便利なサービスが転職エージェントサービスです。

書類の添削や応募、面接の日程調整などを代行してもらえるので、ひと昔前までは時間がないと出来なかった転職活動も効率的に進められるようになりました。

また、転職サイトを利用しないと応募が出来ない非公開求人などもあります。

転職エージェントは担当のエージェントとキャリア面談からスタートします。

どんな会社に転職したいか、どんな仕事がしたいかなどエージェントがヒアリングします。

それまでのキャリアや能力などによって入れる会社も出来る仕事も人によって様々です。

求人を勧める前には確認しておくのは普通だと言えます。

しかしその後の対応で転職エージェントが信用できなくなる人もいます。

結局はビジネスの一つであるので、そういった背景から毛嫌いしている人もいるでしょう。

個人的に転職エージェントはメリットしかないと思っていますがそういった人もいるのは理解できます。

今回は転職エージェントが信用できない人や好きではない人に向けて転職エージェントについて書きたいと思います。

また転職エージェントをどうしても使いたくない人が転職するために取るべき行動について紹介したいと思います。

前置きはここまでで本題に入りたいと思います。

あくまで個人的な経験と価値観になりますが、参考になればと思います。

スポンサーリンク

転職エージェントが信用できない原因

ブラック企業の求人を勧められる

おそらく転職エージェントが嫌いになってしまったり信用できない人の中にこの理由があるでしょう。

確かに私も転職する際に、キャリア面談を終えたあとの求人紹介では「ブラック企業」とネットに書かれている会社もありました。

そして実際に面接に行った経験もあります。

確かにネット上にブラックと書かれている会社には積極的に応募したくないと思うでしょう。

選考を始める前から「内定出たらどうしよう…」と思ってしまう人が大多数だと思います。

転職エージェントにはそれ相応の意図もありますが、心証が悪くなってしまうのは否めません。

転職することを急かされる

これも転職エージェントが嫌いになる理由に多い意見です。

面談後に「急いで転職活動しないと転職できなくなる」ようなイメージを植え付けられて、急かされているようで不快に感じる人もいます。

じっくり転職先を考えたい人にとっては急かされるのは心理的にネガティブです。

日常においても急かされるのは嬉しい事ではありません。

また転職という一つの決断を急いで迫られるのは、特に初めて転職する人は嫌だと思うでしょう。

売上の一部としか見られていない

本人の希望する会社以外の会社を勧めるエージェントもいます。

確かに、ビジネスのロジックを考えると出来るだけ年収が高い会社や優遇している会社に入社して欲しいエージェントもいるでしょう。

そういった背景を知ると「売り飛ばされるだけ」と感じる人もいると思います。

エージェントは自分を売り物として考えていないというネガティブな思考です。

確かに面談中や相談をするときに「自分の意思を尊重してくれない」と感じたら不安や疑念を抱くのが一般的でしょう。

あたかも、エージェントが入れたい会社に入れられてしまうように感じて距離を取る人もいます。

派遣や転職によく言われる言葉ですが「人売り」だから嫌いと思う人もいます。

人に値段をつけて取引されるのが好ましくない心理の人もいます。

サービスもビジネスで成り立っているので、そういった仕組みを知って嫌になる人もいれば疑問を抱く人もいるでしょう。

放置される

私はこのような経験はありませんが、一定数居るようです。

転職エージェントなのに、きちんと対応してくれなければそれは信用できなくなるでしょう。

求職者側にやる気があっても物事が進みません。

仕事でもそうですが放置は時間と経験の浪費です。

もっと充実した時間の使い方が出来ればもっと生産性が高くなります。

しかし、放置はほぼ待ち時間であったり何もすることが無い状態です。

エージェントであるのに放置されるのはエージェントとは言えないと感じてしまい、信用できなくなるでしょう。

スポンサーリンク

それでも転職エージェントを勧めたい

ネット上の情報だけでは分からない

まず転職エージェントが信用できなくなる原因から、その理由と現実の話をしたいと思います。

私もブラック企業の求人を勧められたことがありまた面接を実施しました。

その時の経験談は以下の記事です。

読んで頂ければ分かりますがブラックで名高い企業に「落とされ」ました。

実態としては、ネット上では悪い事が書いてあっても一部上場企業などは比較的まともな会社もあります。

むしろ、大手や一部上場企業は印象を悪くしたくないので全力で改善に取り組む会社もあります。

転職エージェントも本当にブラックな企業に入って欲しいわけではありません。

エージェント経由で内定した人で辞退が続出したり、早期退職が頻発したらエージェントも評判が悪くなります。

これはビジネス的にはデメリットで、広告主も広告料や掲載について再考する理由に成り得ます。

なのでブラックな情報があっても実態は分からないですしあくまで候補の一つでしかありません。

数個のネガティブな求人で「こんな会社を勧めるなんて信用できない!」と思うので軽率だと思います。

そして実態を知らずに判断するのは先入観が強い可能性があります。

転職はゆっくりやっても惰性になる

転職を急かされるのが嫌に感じる理由は大いに理解できます。

しかし本当に転職したいのであれば短期で決めきる事がお勧めです。

その理由は求人は水物で人が埋まればすぐ無くなってしまいます。

「この求人がいいな」と思って候補に入れているうちに、誰かが面接を進めて先に内定を取ってしまえば枠も小さくなり、求人によっては終了です。

また本気で転職したいと思っているうちに決めないと、転職活動は転職エージェントを使っていても時間や労力を使うので「転職疲れ」になってしまいます。

また「辞める詐欺」にように転職したいと思っていてもダラダラ続けて全く転職できない人もいます。

私の知り合いは会社を退職してからダラダラ活動していて、1年ほど無職になっている人がいます。

今この時代は転職もしやすいのに「1年無職」は本人のやる気が問題でしょう。

急かされるのは確かに嫌ですが1か月から3ヶ月程度で内定を決めるのが一般的です。

むしろ、すぐに内定が出ない人は急かされても「転職先が見つかりにくい人」です。

残念ながら「急かされるのが嫌」でも「活動しても結果が中々出ない」人はもう少し危惧した方が良いタイプで、ストレートな言い方をすると「文句が言える立場」かどうか疑問だというのがエージェントや転職経験のある人からの意見です。

それこそ本気で転職しようと思っていない人や明らかにスキル不足なのに高望みする人は対応するが難しいでしょう。

放置される原因は必ずしもエージェントだけではない可能性もあります。

自分の能力ややる気に自信がある人が放置されるのは悪質ですが、自分に原因がある場合も考えてみましょう。

エージェントを利用するのは企業も同じ

転職エージェントがビジネスライクで毛嫌いしたい人もいますが、そもそも企業も同じでエージェントを利用しています。

自分たちで中途採用活動をするよりも広告費を払い専門のエージェント経由でやり取りする方が効率的で、またトラブルも少ないです。

また、求職者側が面倒に思う書類の修正などもエージェントがやってくれることもあるので、誤字などが気になる企業はエージェント経由だと助かるでしょう。

つまり転職エージェント経由で就職できる会社はエージェント経由でも採用したいのです。

「転職エージェントは信用できないから直接応募しよう」と思うのも悪くはないです。

しかし、直接応募しようがエージェント経由だろうが雇用する側は「必要な人材が確保出来たら問題ない」です。

何が良いたいかと言えばエージェントを使っても使わなくても入る会社が一緒なら何も違いが無いです。

私であれば、効率的に転職活動を進められるエージェントを利用したいと思います。

むしろ、広告費が出せずに無料のものにしか求人を出せないような会社の方が不安があります。

転職エージェント経由の採用は「人材確保に十分な予算を計上できる会社である証拠」であるとも言えるのです。

そもそも論ですが、求職者側は無償でサービスを受けられるので何も損しないと思います。

転職エージェントが信用できない時の行動

ハローワーク

転職エージェントを利用したくないのであれば真っ先にあげるのがハローワークです。

ハローワーク自体は私は全くもって否定するつもりもありませんし、大変感謝しています。

私は既卒でハローワーク経由で就職しているからです。

ですが先に書いてしまいますが9ヶ月で辞めて転職しています。

就職を目的とするならハローワークでも全然問題ないと思います。

ただし、注意点があります。

それは転職サイトより圧倒的に求人も少なく仕事の幅も狭いです。

理由は簡単で多くの忙しい人たちはネットで就活した方が効率的なので転職サイトを利用するからです。

つまり、企業も優秀な人を取るためにネットのサービスを利用する人を狙って、そちらに広告費を割いてでも求人を出します。

ハローワークは広告費がかからないですが、忙しい人は中々職安には行く時間も気力もないのでネットを使います。

つまり企業からすると効率はあまり良くないのが実情ではないでしょうか。

ですがゆっくり就職先や転職先を探したいならハローワークがお勧めです。

ただし、先ほどのデメリットは理解した方が良いでしょう。

優良大手や高収入の仕事に就くには少々ハードルがあるでしょう。

地道に公式HPから応募

各企業は当然ながら自社のホームページに採用情報を設けています。

特に有名大手はエージェントに登録するまでもなく名前が知られているので、転職サイトを経由しなくても応募があると思います。

募集要項や人数を確認して地道に活動するのも一つの手です。

しかし採用情報を更新せずに転職サイト経由では募集している会社もあります。

採用情報に合わせて都度都度HPをマメに更新している会社もありますが、そうでない会社もあります。

四半期置きに更新する会社もあるでしょう。

つまりHPの情報によって終了しているように見てても実際は活動している会社もあれば、既に採用を終了している時もあります。

また、転職エージェント経由では他人の選考状況も分かりますがエージェントを利用していない場合は他の人の選考状況が分かりません。

とにかく地道に活動を続けるしかありません。

正直効率を求めたら最悪な転職活動方法ですが、信用できない人は基礎的な活動方法で決めるしかありません。

エージェントではなくサイトを利用

転職エージェントが信用できないだけで、転職サイトを利用している人が一番多いのではないでしょうか。

単純にネットから求人を探して自分で応募する形です。

エージェント方式ではなく単純に求人を紹介するサイトもあります。

ただし、ビジネス的な匂いが嫌な人は、エージェントと大差ない事は知っておいた方が良いでしょう。

結局のところ、転職や就職することでお金は一定数移動します。

しかしエージェントという人間を信用できないのであれば自分で全て決めて行動しましょう。

効率よりも自分の意思が大切な人は、このやり方が一番だと思います。

転職エージェントが全てであるとは言いませんし、やはりその人が納得して転職できる事が一番大切です。

あくまで私の経験上、スピーディーに決まった経験もあれば貧相な経験値と経歴でも転職エージェントを利用して転職できたので転職エージェントが悪いものには感じられないですね。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク