入社したばかりだけど辞めたいと思っている人は転職活動をしてみよう

新卒で入社したり転職で入社して間もなく「この会社は合わない」と思う事もあると思います。

また、元々やりたかったことが出来なかったり、想像していたイメージと違う事も入社してから感じることが多いです。

入社して間もない新卒社員であれば、辞める事に対して中々踏ん切りがつかなかったり言い出す事が出来ないと思います。

以前は新卒でも辞めて良いという事で、以下の記事を書きました。

新卒であっても決して3年間働く必要もありませんし、自分の心に従う方がその後の自分や勤める会社や仕事のためになります。

また転職者についても以下の記事を書きました。

私を含めて新卒で短期間で辞めている人もいれば、転職後にすぐ退職する人も実際にはたくさんいます。

会社が合わなくて辞めるのであれば別の自分にあった会社や仕事を見つける必要があります。

今回はどちらかと言えば新卒で入社して間もない人が「辞めたい」と思った時に転職活動をする事をお勧めしたいと思います。

ただ辞めてしまうと、空白期間が将来に影響したりその後の就職活動に悪影響がある事もあります。

少なからず、「辞めたい」と思っている間は憂鬱だと思うので、転職活動をすることで得られるメリットを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

転職活動をするメリット

早期退職は評価は変わらない

新卒入社で早期退職するときに、給料が下がる事や転職できるかなどの不安があると思います。

しかし、行動する前から不安が先行していても実態は異なる事も多いです。

新卒ですぐに辞めても新卒と同じスキルなのでスタート地点はどこの会社でもお同じです。

第二新卒として転職する会社が大手であれ、中小であれ冷遇される事はありません。

なぜならスキルが無いうちは一番下だからです。

なので、中途半端にスキルを付けて、即戦力を求められてしまうよりも新卒と同じ目線で採用してくれる方が、ポテンシャルなどを見てくれます。

このあたりは実際に転職活動をすると分かります。

私も9ヶ月退社していますが、タイピングテストなど基本的な試験が多く、そこまで即戦力前提ではありませんでした。

実際は【DODA】で転職活動をして派遣会社の内定が出たので、即戦力を求められましたが給料は社会人2年目の給与テーブルからスタートでした。

一度就職を経験する事で価値観が変わる

学生の頃の就職活動と転職活動では、会社に求める条件や価値が変わっています。

新卒での就職活動では「安定」や「ホワイト」、「大手」などを目指す人が多います。

しかし、実際は入社してみるとそういったステータスに満足できない事もあります。

またイメージと乖離があればあるほど現実を知る事になると思います。

これは紛れもなく入社して社会人になってみないと分かりません。

大手だから安定していると思い込んで入社したところ、想像以上に仕事が多いなんてのはよくある事です。

大手だからこそ、仕事がたくさん舞い込んでくるので、毎日定時で上がれる人もいればそうでない人もいます。

価値観が変わる事で会社選びの基準も新しくなります。

大手を退職してスタートアップベンチャーに行く人もいます。

転職活動をしてみる事で、さらに視野が広がり仕事に対してネガティブになっている人も「この会社でなら仕事をしてみたい」と思う事もあるかもしれません。

ネガティブよりポジティブがいい

多大なストレスや疑念から「辞めたい」と思っていると、ネガティブな思考をずっと頭を巡ります。

「辞める」という結果だけが目的であれば、お金などの経済面に問題が無ければ辞めてしまっても良いでしょう。

しかし、辞めたいけれど「仕事をしないといけない」人の方が多いのではないでしょうか。

ネガティブな状態よりも「こんな仕事がしたい」や「この会社に入りたい」と思える会社にであれば自然とポジティブになります。

精神衛生上、こういった考え方の方が前向きで気持ちも楽になります。

日々辛い思いをしていたり、苦悩して「辞めたい」と思っているよりも「本当はこの会社で仕事がしたい」と思うと、自然と「辞める理由」がポジティブになっていきます。

退職を告げる時の理由としても「本当にやりたい仕事がある」と言うのはすごく前向きで後腐れが無い理由です。

多くの会社では応援して見送ってくれると思います。

なので、辞めたいという気持ちをプラスに変換していく事が転職活動を通じて実現できる事もあります。

スポンサーリンク

転職活動はどうすれば良い?

無料の転職エージェントサービスを利用しよう

他の記事でも紹介していますが、今回は私が最初に転職した時の行動をご紹介したいと思います。

今ほどサービスが充実してはいませんでしたが、エージェントサービスを通じて内定を貰いました。

人生で2回転職しているので、両方紹介したいと思います。

DODAエージェントサービス

転職なら【DODA】求人情報・転職支援会員募集

最初の転職ではこちらを利用しました。

男性のエージェントさんでしたが、親身に相談などを聞いてくれて最終的にはこちらから内定を得て退職しました。

丸の内にオフィスがあります。

内定後に、内定ブルーになった時も色々とアドバイスなどをくれたり、転職後の3か月間もフォローして下さりました。

今では当時よりかなりサービスが充実しているので、利用してみることをお勧めします。

また、連携しているサービスで登録無料の年収診断サービスもあります。

2回転職したあとの私の年収診断は799万円でした(笑)

このように転職してスキルアップしている実感が得られているのと、MIIDASのように企業から面接確約のオファー専用など、様々なサービスが増えています。

気になったら無料なのでぜひ使ってみて下さい。

リクルートエージェント

【リクルートエージェント】

言わずとも知れた王道のエージェントサービスであるリクルートです。

リクナビNEXTなど主体的に活動するサービスもありますが、私は書類などの情報整理に時間をかけたくなったのでエージェントサービスを利用しました。

2回目の転職だったので、かつ大手企業を狙っていたので有名なエージェントサービスであるこちらだけを利用しました。

こちらの記事にあるように最初は、これらの2つ含めて複数利用することをお勧めします。

理由は記事にも書いていますが、エージェントとの相性や相互理解、また求人の差異などがあるためです。

気になった方は読んでみて下さい。

エージェントを利用するメリットまとめ

エージェントサービスを利用するメリットをまとめてみます。

文章より活字の方が分かりやすいと思います。

  • 転職活動に関するサポート(添削や書類のフォロー)を受けられる
  • 書類選考や面接のフィードバックがある
  • 漠然とした悩みでも相談できる
  • 日程調整を任せられる
  • 求人を紹介した上で理由を述べてくれる
  • 疑問点は担当営業の方とも話せる

このように新卒ではなかった他者のフォローを多く受ける事が出来ます。

特にフィードバックは大きいと思います。

自分の良い所、悪いところを知る事が出来るのもメリットです。

転職するなら最初はエージェントサービスを利用することをお勧めします。

転職活動をする気力もない人も

最後に、ここまで転職活動をすることをお勧めしてきましたが、転職する気にもなれずただただ仕事をしたくない人や会社に行きたくない人、心に余裕のない人もいると思います。

転職活動を勧めてはいますが、無理はする必要ありません。

無理に焦って転職活動をしてもまた失敗してしまう事もあるのでゆっくり休む事も必要です。

第二新卒を歓迎する求人も多くあるので、もし気が向かない場合は気力が沸いたときに活動してみましょう。

エージェントサービスは登録無料ですので、そういった悩みから相談してみても良いかもしれません。

気力が無い時に、少し頑張ってみることでがらっと何かが変わるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。