Microsoft製品の勉強もしくはMCP取得のための学習材料まとめ

Microsoft製品の学習や資格取得を考えている方はたくさんいると思います。

Office系からサーバ、アプリケーションまで様々な製品を抱えています。

また、基本的にGUIで操作できる製品が多いため、細かい部分は意外と知らない事が多いです。

今回はシステムエンジニア向けの学習材料について情報をまとめていきたいと思います。

市販の書籍も多いですが、思いのほか様々なサービスがあります。

私もSQL Serverの資格を取得しようと思っているのでたくさんリサーチしました。

自分用のメモ代わりになるのでせっかくなので紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

無料の学習材料

MVA

https://mva.microsoft.com/

まずはMVAです。

無料でMicrosoftが提供している学習用の動画が掲載されているサイトです。

MVAや他のサービスにも言えますが、個別に登録が必要です。

SSOしてくれると嬉しいのですが、登録も利用も無料なので2016系のような最新製品はこちらで学ぶことも出来ます。

また、デメリットというか難しいのは基本的に英語しかありません。

私は英語も覚えたいので一石二鳥ですね。

技術系の会話って普通の英会話と違うので参考にさせてもらっています。

スキルアップカリキュラム

https://www.microsoft.com/ja-jp/mic/seminar/seminarlist.aspx

無償でMicrosoftが開催しているセミナーです。

MVAと違い会場に行く必要があります。

私はまだ参加したことがないですが、SQL Serverがあったら行くかもしれません。

基本的にはC#や.NETが多いみたいですね。

プログラミング系は確かにセミナーが多いです。

有償セミナーやトレーニングが多い中でMicrosoft主催で無償は嬉しいですね。

スポンサーリンク

有償の学習商材

Microsoft Press Store

https://www.microsoftpressstore.com/

何やらピアソンへ事業を売却するようですが、Microsoft公式の商材の購入が出来るサイトです。

こちらはサイトから商材すべてにおいて英語です。

おそらく、公式テストなので試験対策の物としては一番信頼が出来て正確な情報があります。

しかし、英語が読み書きできないのでは宝の持ち腐れです。

英語がダメな人は不要だと思います。

しかしながら、SQL Serverもそうですが2016の対策本って全然ありません。

私は今年中に英語を話せるようになりたいので購入します。

ちなみに、ログインして画面上位に着目すると50%引きのアナウンスがあります。

元の値段が高いので半額でやっと他の書籍と同等レベルですが嬉しい話ですね。

公式トレーニング

https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/training.aspx

最短で正確な知識を付けたいのであれば公式のトレーニングが確実です。

私はOracleのトレーニングはGold認定時に行った事があります。

会社で予算を持ってくれるのであれば積極的に利用しても良いと思います。

ただし、OracleにもMicrosoftにも言えますが日本語対応は遅いので受けたいトレーニングでまだ日本語版が無いかもしれません。

2012などを学習するには良いですが、今更2012R2の資格を取るよりは2016の方が良いですよね。

クラムメディア

70-533: Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutions

リンク先は70-533: Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutionsの商材ですが、他にも色々あるので自分が受けたい試験や学習したい製品の物を選ぶと良いでしょう。

クラムメディアは学習目的というより確実に試験に合格するために利用すると良いです。

利用者の口コミもありますが、かなりの的中率のようです。

また以下に無料サンプルもあります。

【 無料サンプル問題】70-533: Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutions

絶対に落ちられない試験には有効です。

私もOracle 12c Upgradeで購入しました。

市販の書籍

やはり王道は自分で書記を購入して学習する事です。

しかし、最後に紹介するのはやはり他に様々なサービスが提供されていたので、そちらを知って欲しかったという思いもあります。

こちらでは一度、SQL Server初心にお勧めの書籍を紹介しました。

学習には向いていますが、資格試験には向かない内容です。

最新のバージョンで行くと以下のWindows Server 2016は対策本があります。

2018年2月19日発売予定なので、記事を書いている今日はまだ予約しか出来ません。

しかし、このタイミングで出てくるのは相当試験対策がされていそうです。

最新バージョンで対策が出来るもう一つの製品がWindows10です。

私のような社内SEの場合は、PC対応が多く発生するので情シス系には受けが良いです。

また、スピードマスターがあるので、おそらくしっかり対策出来る試験かもしれません。

今年受けようか悩み中です。

他にもたくさん書籍があるので、自分が良いと思ったものを購入してみると良いでしょう。

しかし、SQL Serverの勉強商材が少ない。

とりあえずは、何とかするしかないですね。

最後に

ちなみに、MCP試験も以下の通り再受験無料やバウチャーが出ています。

https://www.microsoft.com/ja-jp/learning/local-default.aspx

30日以内の再受験なので、Oracleよりはちょっと厳しめですが、値段は安いですね。

再受験無料はかなり精神的に楽に受験が出来るので資格取得を目標にしている人は今がチャンスです。

私ももっとレベルの高い資格を取得していけるように頑張っていきたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク