精神的に限界で退職したい時は素直に話した方が良い理由

仕事をしていて人間関係や仕事内容でトラブルを抱えており日々苦痛を感じながら働いている人も多いのではないでしょうか。

どんな環境でも少なからず不満やストレスの原因があります。

もし、そういった煩わしいものが無い職場であれば非常に素晴らしい貴重な職場環境と言えるでしょう。

しかしながら、日々何かに耐える人の方が多いと思います。

我慢にも限界があるように精神的に限界がきてしまい退職を考えている人もいるでしょう。

いつブチギレるか分からない状態までストレスを溜め込んでいる人もいれば、ストレスで既に体調を崩してしまい「限界」と感じる人もいるでしょう。

「精神的に限界」という状態は人によって様々です。

そして本当に辞めようと決意したのであれば辞める会社には素直に話すことをお勧めします。

もちろん、転職活動の面接では言わない方が良いので「あくまで辞める会社」には伝えた方が良いという事です。

これは話すことにメリットもあるからです。

それでは退職時に「精神的に限界な理由を話す方がお勧め」な理由を個人的な価値観ですが紹介したいと思います。

スポンサーリンク

精神的に限界が来たら素直に話そう

問題を露呈させる

職場の環境や人間関係は、人によって耐えられるものと耐えられないものは異なります。

つまり、自分が辛いと感じていても他人からは分からないこともあります。

多くの会社は、問題を抱えていることを会社が知らずに放置状態となっている部分もあると思います。

話すことで会社に問題を知ってもらうことが出来ます。

問題を知っていても解決してくれるかは別ですが、解決する場合もあります。

人間関係についてはより話した方が良いと言えます。

それは会社が社員一人一人の性格まで全て把握しているケースは少なく、問題社員の存在に気づいていないケースもあるためです。

辞める会社であっても素直に伝えることで改善や対処が出来るのはその後に働く人のためにもなります。

自己犠牲とは違いますが、「誰かのために」行動して退職するのは言ってしまえば「残された人にもメリット」になります。

「自分が辞めるメリット」が増えると前向きに転職活動も出来るかもしれません。

辞めなくても済む可能性もある

退職を考えて「素直に話した」結果、辞めなくても済む場合があります。

精神的な理由以外に、給料や仕事内容にも不満がある場合は退職する方が良いですが、そう言った他の理由がない場合は無理に辞める必要もありません。

素直に辛い理由や我慢出来ない理由を話して問題が解決することもあります。

ストレスの要因が消えたら楽しく仕事が出来る可能性もあります。

逆に問題を提起することで、会社が「本気でなんとかしないといけない」と動いたら思いの外すぐに結論が出ることもあります。

逆に何も動かずに「本人を諭す行為」しかなければ会社は問題を解決するつもりがないでしょう。

よほど身勝手な理由でない限りは「諭す」ことに意味がありません。

本人が「限界」と感じるほどの苦痛を「みんな我慢している」や「もう少し頑張って欲しい」などありきたりな諭し方は「その場の感情を抑えたい」だけです。

精神的に限界であるのに「精神論」で諭すのは根本的な問題は解決出来ません

つまり、話すことで「会社が問題を解決したいかどうか」が分かります。

おそらく1度や2度の退職では真剣に対処を考えることは少ないですが、何人も同じ理由で退職する場合はその原因に対処せざるおえないでしょう。

ストレスの原因から遠ざけてくれる可能性もある

辞める場合も辞めない場合も、少なくともすぐにストレスの要因から離れられないことが多いです。

転職活動をしながら内定が出てから退職しようと思う人も多くいるでしょう。

そうすると、退職日までは我慢する必要があります。

しかし基本的に会社は社員に転職したり退職したりして欲しくないので結果はどうあれストレスから遠ざけてくれることもあります。

退職しない人であればすぐに異動させてもらえる事もあります。

普通に会社員をしている人であれば「異動時期ではない時に異動する人」がいるのを見た事もあるでしょう。

そう言ったケースは「何かしらの理由」があってのものです。

辞める辞めないに限らずストレスの原因は遠ざけた方が精神的に楽になるのは当然です。

無理に退職理由を取り繕うよりは真剣に上司や会社に考えて対応してもらった方が良いでしょう。

先ほども書きましたが「精神論で諭す」だけの場合は問題意識があまりないので解決できる可能性は低いでしょう。

スポンサーリンク

精神的な限界は絶対我慢してはいけない

心の病になる前に逃げよう

精神的な限界で「怒り」に支配されている場合はまだ良いでしょう。

文句を言いたくても言えずに溜め込んでいるのであればまだ発散の余地があり退職し環境を変えてストレスが少ない仕事が出来れば生活に支障もでないと思います。

危険なのは精神的に追い込まれてうつ状態になっている場合です。

心の病は擦り傷などと違い、時間の経過と共に治るものではありません。

限界がきているのにそのままストレス下に自分を起き続けると心の病になってしまうことがあります。

「精神的に限界」と感じたときは「生きるための防衛本能が作用」していると言って良いです。

辛さは人それぞれですが「心の安定」が最も大切です。

ストレスによる食欲の減衰や、不眠など身体症状が出ている場合は非常に危険です。

心が悲鳴をあげているのが、体にも出てきている段階です。

もし、そのような体調などの変化を感じたら迷わずに逃げることが大切です。

仕事のせいで不幸になるのは本末転倒

そもそも、仕事というのは生活をするためにしています。

それは生活するためには単純に「お金が必要」であるからであって、「労働」というのは生活費などを得るための手段にすぎません。

「労働」せずに収入を得たり資産をすでに持っていれば特別「働かないといけない」訳ではありません。

つまり生活のための仕事であって仕事のための生活ではありません。

精神的に辛く耐え難い状況というのは少なくとも「幸せ」ではありません。

「我慢の限界だ!」と怒り狂っている場合でも「幸せ」だとは思えないでしょう。

また、残業などが多くプライベートがほとんどない会社も「生活を犠牲」に出来る人であれば良いですが「無理だ」と感じる人も多くいます。

仕事のせいで生活に支障が出たり幸福度を下げられるのは本末転倒であると言えます。

精神的な限界というのは非常に辛いです。

休みの日も仕事のことが嫌で頭から離れない人もいるでしょう。

その場合は休日すら楽しくなくなってしまう人もいます。

つまり「精神的な限界は不幸の証」だと思って良いと思います。

スポンサーリンク

最後に

精神的な理由は退職時に素直に話すべき理由について紹介してきました。

実際に私も「この人とは仕事出来ません。限界です」と言ったことがあります。

あまりにも理不尽で自己中的に他者を振り回す人だったのでストレスフルになり、それこそ「精神的に限界」でした。

その結果は残念ながら「彼の性格は変わらないから何とか上手くやってほしい」と言われたので退職を決意しました。

上手くやろうとしとしても「耐えられない」状態まで我慢してきたので、対処をしてくれないのであれば退職する他ありません。

しかし素直に話すことで「彼の性格が悪いことは周知の事実」であることもわかりました。

私一人の退職では動きはありませんでしたが、もし後任も同じように人間関係に悩み相談したら本格的に問題視されるかもしれません。

「精神的な限界」で退職するのは逃げでも何でもなく「自分の生活を守るために必要なこと」です。

我慢せずに話してみることをお勧めしたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。