仕事が出来るのに会社で孤立している人の特徴と原因3つ

仕事は出来るのに人間関係がうまくいかずに悩む人もいるでしょう。

悩んでいる人であればまだ更生の余地があります。

しかし、傍若無人に振る舞い孤立していることに気づいていない人もいます。

仕事での信頼関係と人間としての信頼関係は別物です。

それに気が付かず、社内で孤立してしまっている人はいないでしょうか。

また孤立しているような気がして悩みになっている人は解決するべきだと言えます。

社内で孤立してしまう理由はたくさんありますが、そもそも仕事には自信があったり十分な能力もあるのに孤立してしまう事があります。

仕事で他人に頼られているのは「仕事だから」であって必ずしも話しやすいわけでも好感度があるわけでもありません

このように思われてしまう事は悲しい事です。

「仕事上仕方ないから」話しかけたり、頼っているだけです。

では仕事が出来るのに「人間として」信頼してもらえない理由はなんでしょうか。

今回は仕事が出来るのに孤立してしまう人の特徴と原因を紹介したいと思います。

もし人間関係に悩みがあるのであれば自分の振る舞いを見直してみましょう。

また故意に孤立を望む人は対象外です。

個人的な価値観と経験ですがご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

仕事は出来るのに孤立している人の特徴

ご飯や飲み会に誘われない

冒頭で記載した通り、仕事が出来ることと「人間としての」信頼関係は別物です。

仕事では円滑にコミュケーションが出来ていても、プライベートな誘いもなければ昼食などの軽いコミュニケーションの場にも誘われない人がいます。

ただし、1人で過ごすことが悪い事では全くなくあくまで「誰からも誘われない」という事です。

仕事が出来ても親睦を深める機会に誘われないのは他人から好かれていないです。

会社ではちょっとした企画の打ち上げや、同期などで飲みに行く事もあると思います。

仲が良い人や誘いたいと思われる人は声がかかることがあるでしょう。

しかし、仕事でたくさん会話したりコミュニケーションをとっていたり、同じプロジェクトに携わったのに誘われない人もいます。

残念ながら仕事以上の付き合いはしたくないと思われているから誘われません。

また、これが後輩や年下の社員から誘われないのは本当の意味で孤立しています。

心から先輩に感謝していれば、後輩は基本的に先輩や歳上の社員を敬遠する事はありません。

後輩や部下や年下から尊敬されていない証です。

飲み会はやらない会社もありますが昼食程度なら誰かと一緒にとることも珍しくありません。

話しかけられなくなる

孤立している人の特徴として、段々と話しかけられなくなる事があります。

まだ関係が浅いうちは他の人も「普通に接する」ことが出来ますが、孤立する原因の振る舞いなどのせいで「距離を」とるようになります。

孤立しているのは他人が「距離を置く」事で成り立ちます。

その結果、前にはたくさん話していた相手が話しかけてこなくなったりします。

また、孤立している人が会話の輪に入れなくなることもあるでしょう。

孤立すると会話の輪や他の話題などに入れないように周囲が振る舞います。

孤立した人が会話に参加した途端、話が終わってしまったりします。

会話をしてくれないわけではありませんが、仕事以外の会話はあまりしないようにする人も多いでしょう。

上司以外が心配しなくなる

誰しも人間ですので、体調不良や病気になる事はあります。

朝皆が出社した時に孤立した人が出社出来ていない時もあります。

また、会社に一方入れられずに何が起こっているか分からない時もあります。

しかし残念ですが孤立した人はいなくても特に何も思われません。

仲の良い同僚であれば「連絡してみましょうか?」と気を遣うでしょう。

また、問題なく出社出来たら「大丈夫?」と声をかけてくれる人もいるでしょう。

孤立している人は上司以外から心配されることがありません

それも上司は部下を管理する必要があるので、義務として確認しているでしょう。

孤立した人は残念ながら、いなくても気に留められなくなってしまいます。

スポンサーリンク

会社で孤立する原因

感情の起伏が激しい

会社で孤立する人の特徴として「感情の起伏が激しい」人がいます。

感情というのは一時の物ですが、それでも他人に与える印象として強く残るのが感情的な振る舞いです。

些細な事や細かい事ですぐに激昂したり攻撃的になる人は他人が距離を取ります。

「怒り」の感情自体は人間ですので仕方のない事ですが、口に出すべきかやどういった言葉遣いをするべきかは考えないと他人を不快にさせます。

また、そういった感情の起伏が激しいと、一言一言で周囲も振り回されてしまいます。

また、すぐに怒ったり喚いたりするのは「精神年齢が低い」と思われています。

残念ながら理性を保てない人間はいかに仕事が出来ても信用されません。

プライベートな誘いをされないのも、そういった振る舞いがあると「仕事以外でも不快になりたくない」という思いからです。

寛容である人の方が、仕事が出来なくても「人望」や「信頼関係」では孤立する人よりも持ち合わせています。

自分の事を棚に上げる

自分の事を棚に上げて話す人は当然、尊敬も信頼もされません。

仕事が出来る人の多くは物事を「はっきり言える」人が多いです。

また何かを決定する決断力や、責任を全うするための責任感も持ち合わせています。

しかし物事をはっきり言えるからこそ「自分を棚に上げて」話をしてしまいます。

仕事で他人に何か指摘したりすることもあると思います。

しかし、それが相手にとって「あなたが言えるのか」と思うような内容であることもあります。

悪い言い方をすると「ブーメラン発言」であり、そもそも自分が出来ていない事を相手に言ってしまっています。

「人の振り見て我が振り直せ」という言葉がるように自分がどういう事をしているか考えずに発言してしまいます。

「自分の行動分かってないの」と思われたら言われた相手も不満でしょう。

また明らさまに棚に上げて話す人もいますが、人としては最低な振る舞いです。

余計なお世話を言う

この「余計なお世話」ですが非常に面倒な問題です。

その理由は、言った側は「親切心」だと思っているからです。

そのため、余計なお世話を言って拒絶されると「逆ギレ」する人もいます。

仕事が出来る人は余計なお世話を言ってくる人が多いです。

仕事が出来るので、ちょっとでも効率ややり方が気になるとアドバイスしたり何か提言したい気持ちになります。

そして、それが会社や相手の為だと思っています。

しかし実際は、余計な仕事が増えてしまったり対応するのが難しい事もあります。

余計なお世話は余計なお世話で、助言を求めていない人に勝手な親切心で一方的に接しても印象は当然悪くなります。

「口は禍の元」というように、言葉には魔力があります。

仕事が出来ても、周囲のペースを乱すような余計なお世話や相手に仕事を増やしてしまう事を言うのは止めた方が良いです。

信頼されていれば何か困った時に素直に「相談」してくれるでしょう。

最後に

会社で孤立している人の特徴と原因について書いてみました。

会社で孤立することが悪い事だとは言いませんが、必要以上に他人から距離をおかれるのは嬉しい事ではありません。

また、本当は飲み会などにも行きたい気持ちがあるのに誘われないのであれば、悲しい気持ちでしょう。

他人との距離を縮めるには「理性」をきちんともって「謙虚」になり、適切な「助言」が出来れば自然と信頼関係は生まれます。

優しい人間でいることが、孤立しないための方法であると言えます。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク