Windows Server 2019(Evaluation)のインストールと設定。※ESXは非サポート環境

今回はWindows Server 2019をインストールしていきます。

オンプレでインストールすので評価版(Evaluation)でISOをダウンロードしてきます。

https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/windows-server-trial

Windows Server 2019をインストールして基本設定を実施した後は、SQL Server 2017をインストールする予定です。

今回はその手順を載せていきたいと思います。

手順はVMware ESXi 6.5の環境です。

また、今回利用する環境ですがESXi6.5はWindows Server 2019をサポートしていません。

Windows Server 2016では、NICでVMware準仮想化やVMNET3を利用するのにドライバが必須でした。

非サポート環境ではどうなるのかも確認してきました。

本番環境でWindows Server2019を利用する場合は、互換性のあるドライバと環境を用意しましょう。

スポンサーリンク

Windows Server 2019のインストール

VMRCでISOメディアをマウントしてインストール

仮想マシンの設定は適当なリソースで構成し、BIOSオプションで「次回起動時に強制的にBIOSセットアップ画面に入る」を選択しておきます。

そこで、ISOメディアとVMtoolsのメディアをマウントしておきます。

NICのドライバはVMtoolsのメディアを参照して追加していきます。

CD-ROMを仮想マシンに追加して、データストアブラウザからメディアを選択しておきます。

オンラインでも可能なので、実施すると即時でメディアがマウントされた状態になります。

インストール開始

メディアからブートすると正常にインストール画面に遷移します。

それぞれ画面を操作していきます。

特に選択肢がないので進みます。

インストール時は「デスクトップエクスペリエンス」を選択します。

通常のWindows Serverはこちらになります。

利用規約に承諾して進みます。

次は「カスタムインストール」を選択します。

ドライバをインストールする場合はカスタムからドライバを読み込みます。

パーティションの画面で「ドライバの読み込み」をクリックします。

画面が移動すると「参照」と出てくるので参照からVMwareToolsのメディアを参照して以下のフォルダを指定します。

しかし、残念ながら互換性がないようでドライバは表示されませんでした。

一旦、ドライバを入れずにインストールします。

パーティションの画面に戻り、インストールを選択してインストールを開始します。

正常にインストールが完了すると、ビルトインAdministratorのパスワードの設定画面になります。

設定すると正常にサーバにログオン可能になります。

ちなみに、仮想NICに「VMNET3」を選択していましたが案の定NICは見えていません。

ドライバを入れて再インストールしてみました。

互換性のないドライバを入れてみる

互換性がないので、おそらくダメだろうと思っていましたがその通りでした。

ドライバを入れていきます。

ドライバのインストールではエラーは発生せず正常にインストールが可能でした。

しかし、起動後はやはりNICは認識されませんでした。

ということで、非サポート環境ですので「E1000」へ変更して設定を実施していきます。

スポンサーリンク

Windows Serverの設定

基本的な設定

基本的な設定を実施します。

まずはホスト名を設定します。

全てサーバマネージャから設定していきます。

ホスト名修正後に再起動し、次はネットワークを設定します。

ネットワークはそれぞれの仮想環境に合わせた設定です。

NICのプロパティから設定します。

NAT経由でインターネットに接続できれば「ライセンス認証」が正常になります。

また、リモートデスクトップの接続も許可します。

最後に、VMwareToolsをインストールします。

メディアをマウントして「標準」インストールを実施します。

標準を選択してそのままインストールします。

インストール後に再起動を実施します。

RDPで接続確認

最後は正常にネットワークとRDPが接続できるかを確認します。

パソコンなどがドメインに参加している場合は、ローカルドメインを利用するためユーザアカウント名の前に「¥」を付けます。

正常に接続が出来れば基本設定は完了です。

概ね、Windows Server 2016とは違いはありませんでした。

スポンサーリンク

最後に

Windows Server 2019のインストールと基本設定をしました。

手順はWindows Server 2016と本当に一切変わりません。

次はSQL Server 2017を入れていきたいと思います。

VMwareを利用する場合、VMware準仮想化かVMNET3を利用する場合はきちんとサポート環境を用意した方が良いですね。

スポンサーリンク

フォローする

合わせて読んでみる

良ければ他の記事もどうぞ!



スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。